二世帯住宅にリフォームする上で気をつけたいこととは

きちんと計画を考えよう

重要視したいこととは

高齢の両親が安全に暮らせるように、バリアフリー機能を搭載させてください。
普通の人なら、高い段差でも平気に乗り越えることができます。
しかし高齢になって足腰が悪い両親は、段差を乗り越えることすら一苦労かもしれません。
そんな住宅では二世帯住宅にしても、平和に暮らせないでしょう。
どのようなバリアフリー機能があれば便利なのか考えて、必要な機能を搭載させてください。
自分勝手に考えるのではなく、実際に両親の意見も聞きましょう。

プライバシーを守れるような設計にしてください。
リビングを絶対に通らなければ、それぞれの部屋に行けない設計にならないように注意しましょう。
いくら家族でも、毎日顔を合わせているとストレスが溜まります。
また個人の部屋を確保できるような作りにしてください。
ある程度のプライバシーを守って、1人になれる環境を作ることでずっと仲の良い関係を築けます。

二世帯住宅にする場合は、家全体を工事することになります。
工事する範囲が広いので日数も作業する人の数も増えます。
すると料金が高くなると覚えておきましょう。
事前に二世帯住宅にするためにはどのくらいの資金が必要なのか調べて、お金を用意しましょう。
もし足りなくなりそうだったら、補助金を使うなどの工夫をしましょう。
また使う素材を変えることで、少し費用が安くなるかもしれません。
費用がないからと、二世帯住宅を諦めないでください。
機能も、本当に必要なのか考え直しましょう。

TOPへ戻る